BGNの咬合器  | 会社概要 | より詳しいBGN咬合器について | 歯科の歴史(咬合器理解のために) |   パーシャルの咬合
下顎の全運動を再現 堅固な開閉機能 Hand to Hand で便利
顎関節症対応の咬合器 下顎位を任意に再設定
BGN咬合器は世界で最初の本格的な全調節性咬合器です。 
分析・診断のための使用から、簡便な平均値咬合器としての使用まで全ての要求に対応しています。また、BGN咬合器は顎関節症に対応するように開発された全調節性咬合器です。

 従来は全調節性咬合器といえば操作が煩雑というイメージがありました。しかし、全調節性咬合器であるからこそ、フェースボーなしで装着した上下模型の歯牙の咬耗面を調節して調和させることができます。本サイトでは平均値咬合器として出発して、模型を装着した後から調節することによって全調節性咬合器として使用する方法を紹介したいと思います。この簡便法ではフェースボーやパントグラフを必要としません。顆頭間距離の調節も不要です。これでも全調節性咬合器として使えるのです。
  [より詳しいBGN咬合器について]では、フェースボー、パントグラフ、顆頭間距離の調節を省略した場合でも全調節性咬合器として使用できる理論的根拠を示しております。もちろん、フェースボー、パントグラフ、顆頭間距離の調節をして顆頭を含めた咬合運動分析を行うこともできます。
 また、BGN咬合器は顎関節症のために開発されており、現状の咬合位だけではなく目標とする治療顎位も設定(二重設定)したり、顎の後方運動を再現します。
 マウントプレートごとならば、BGN咬合器間の互換が実現する精密な咬合器です。ドクターとラボとの交流がより深くなる咬合器です。

 末永く皆様のお役に立てるように祈念して送り出すことにします。
詳しい資料のご請求はこちらまで
[BGN]咬合器の仕様

下顎前後幅:151mm、下顎横幅:147mm、顆頭間ブリッジ横幅:152mm、
上下フレーム間距離:106mm、上顎本体前後幅:150mm、上顎本体横幅:159mm(突起物寸法を除く)
第一顆頭球間距離:101〜111mm
ベネット角:外方-30゜〜内方+30゜、RearWall:後方-90゜〜前方+30゜
矢状顆路傾斜度:上方-20゜〜下方+60゜、コンダイルベース回転角:上方-45゜〜下方+45゜
ベネットリフト:上方-45゜〜下方+45゜






◆BGN咬合器◆
メーカー小売希望価格 189,000円(税込)



[パテント一覧]


(日本)特許第2,866,084
(米国)Patent No.: US 6,287,113 B1
(米国)Patent No.: US 6,558,161 B2
 BGN咬合器の取り扱いは 「より詳しいBGN咬合器について」 をご参照下さい
more_menu.html へのリンク
オプション販売商品
マウンティングプレート 
六角レンチドライバー(#1.5, #2.0)
copyright(c) 2003 BGN.All Right Reserved.